上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
8月1日 日曜日 休診日

今日は暑かったのでどこにも行かなかった。そう、暑さにめげました


2001年から、ホームページのプロフィール(活動記録)がストップしてました。この時期の事を少しお話します。

 【レべル アンカレッジシステムについて】
   レべル アンカレッジシステムソサエティという矯正の会があります。
   南カルフォニア大学矯正科の臨床教授をされてたルート先生
   (Terrell L.Root)が作られた会です。現在の矯正の基礎をつくられた
   ツイード先生のテクニックは、現在、全世界の90%以上の矯正医が使
   われているテクニックです。そのツイード先生のもとで矯正を学びその
   テクニックをより発展させた先生で、そのテクニックを【レべル アン
   カレッジシステム】と呼んでいます。

 その頃レべル アンカレッジシステムソサエティのコンサルタント・インストラクターをしていました。講習会と学会発表の日々でした。これはホームページにアップしています。

歯科医師会との出会い】

 1997年(平成9年)頃だったと思います。コンサルタント・インストラクターの仕事の休息日に、沖縄で釣りをしていました。その時、歯科医師会のM先生(大学の先輩)から歯科医師会の仕事をしないかと誘われました。先輩にはNoとは言えなく引き受ける事にしました。

 これがホームページの更新が出来なくなったわけです。歯科医師会の事業は本当に素晴らしい事業ばかりです。地域に今必要な事業、そして、5年、10年先に必要とされる事業の基礎作り。歯科医師になって良かったな~と思える瞬間です。

少し紹介します。

最初の3年間は医業経営委員会。[平成9年~平成11年]
歯科医師会の仕事は、1年生だったのであまりよく解りませんでした。

次の3年間は学校歯科委員会。[平成12年~平成14年]
この頃から少しずつやるべき事が解ってきました。連携をとって事業を進めて行くのですが、連携先は、養護教諭の先生・教育委員会などです。
私たちの時代の教育委員会の印象は、『チョウ怖い』この一言です。

おそるおそる教育委員会へ。
この時の窓口で対応していただいたのが、田口先生という体育の先生でした。
生徒思いのとても優しい先生で「ほっと」しました。

この時の私の仕事は、川西市の全ての園・小学校で衛生士が出向きブラッシング指導を行うという【学校歯科啓発事業】を立ち上げる事でした。

       啓発事業
             啓発事業風景


普段自分の周りは歯科医師ばかり、いきなり養護教諭の先生の世界。

そして、きわめつきは 教育委員会!

毎日が勉強でした

どんなにいい事業でも、一つの事業を立ち上げるのには、現場で働く人、担当部署(教育委員会)、議員、副市長、市長と色々な方の理解と応援が必要でした。

色々な人が関わり、少しでも皆のためになるように考え、協力して色々な事業が行われている事を初めて実感しました。そして、その事業が、育っていくことも。

こんな自分でも少しは役に立つんだとも思いました。


スポンサーサイト
2010.08.01 Sun l 思いつき l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://osakikyosei3.blog122.fc2.com/tb.php/17-2b221d0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。